読書濾液の貯水箱

本を読んでいたことを忘れないために

ビジネス

情報と作戦を分ける――「大本営参謀の情報戦記」を読む

はじめに 情報に対して敏感になる必要がある 最近はいろいろと考えることが多すぎて、目をつぶって部屋の隅で雨と埃を食べながらかろうじて生きている有様でした。ようやっと、回復できたかどうか、というところです。仕事も積み重なりながら、本を読んでい…

「使える失敗学」を読む

(一部修正) 0 本の情報 タイトル:01図解 使える失敗学 作 者:畑村洋太郎 出版年月:2014年7月31日 出版会社:KADOGAWA 1 はじめに 失敗を活かせない失敗と、失敗をできてない失敗 間違うこと、失うことが失敗だとして、本当の失敗はどこからだ…

「アイディアを形にして伝える技術」を読む

0 本の情報 タイトル:アイディアを形にして伝える技術 著者 :原尻淳一 出版社 :講談社(講談社現代新書) 定価 :税抜き720円 リンク等を張らないのは、自分の現環境では困難であるからだ。 1 はじめに さようならKindleはじめましてブックオフオン…

「社内政治の教科書」を読む

1、はじめに 会社でこの先生きのこるためには お世辞にも優良社員とは言い難く、能力が低いか高いかについてはともかく、コミュニケーションに関するスキルがお察しのとおり全くない。 現状、これからどう考えても悪化していく自らの境遇を鑑みるに、どうい…

 「レジリエンス」の鍛え方 を読む

1 はじめに 「タフガイ」 タフガイ、という単語を一番最初に知ったのは「ドラクエ3(GBC版)」だ。いわゆる「タフなガイ」という意味ではなく、それ単体で何らかのカタカナ語かとして学んだ当時の私は、後々にその意味合いを学ぶことになった。 実際のとこ…

ペンタゴン式目標達成の技術 を読む

1 はじめに 自己啓発本関係の話をネットでしていたら 「こういうの読めよと薦めてくる人間は頭がおかしい」 と言われたのに非常に納得しつつショックを受けたので、ではどうすればいいのか迷ったあげく 「名著じゃないなら要約だけ伝えればいいじゃない」 …